全国高校囲碁選手権大会女子個人戦3位に 福島さん(尾道北高校2年)

7月25日(火)、26日(水)に、東京・日本棋院にて開催された「第41回文部科学大臣杯全国高校囲碁選手権大会」の女子個人戦において、広島県代表の福島あきらさん(尾道北高等学校2年)が、3位の成績を収めました。

8月10日(木)に尾道市役所を訪問し、平谷市長、佐藤教育長(尾道市囲碁のまちづくり推進協議会会長)に結果報告をしました。

平谷市長は「出会ってから成長している。全国で3位はすごいこと。」と健闘を称えました。

福島さんは「今までの夏の大会で一番の成績だった。」と喜びを伝えられました。

福島さんは、25日(火)に行われた1次リーグの3対局を全勝して、目標としていた1次リーグを突破しました。

迎えた26日(水)の決勝トーナメントでは、1回戦は勝利したものの、準決勝では残念ながら敗れました。しかしながら、順位決定戦では見事勝利して、3位の成績で大会を終えました。

【速報】第71回本因坊秀策囲碁まつりプロアマ戦、洪爽義初段が優勝

本日(7月9日)、尾道市因島土生町因島市民会館で第71回因坊秀策囲碁まつりプロアマ戦「本因坊秀策杯」が行われました。

決勝は洪爽義初段(ほんあきよし)(関西棋院)vs田中伸幸三段(日本棋院)の東西対決になり、洪爽義初段が優勝、賞金100万円を獲得しました。

【表彰式】

【写真】


会場風景


洪爽義初段(関西棋院)


田中伸幸三段(日本棋院)


大盤解説は小林覚九段(日本棋院)


優勝カップを手にした洪爽義初段


優勝賞金100万円を獲得にした洪爽義初段。佐藤昌弘当協議会会長(左)と。

第71回本因坊秀策囲碁まつり初日 指導碁の様子

  • 尾道市因島土生町の因島市民会館にて行われている「第71回本因坊秀策囲碁まつり」初日の指導碁を様子を紹介します。(各棋士の画像をクリックしたら拡大してご覧になれます。)
  • 動画もあわせてご覧ください。

「第41回文部科学大臣杯全国高等学校囲碁選手権大会」、「みやぎ総文2017囲碁部門」に出場する福島さんが市長表敬訪問

7月6日(木)、「第41回文部科学大臣杯全国高等学校囲碁選手権大会」と「第41回全国高等学校総合文化祭(みやぎ総文2017)囲碁部門」に2年連続で出場する福島あきらさん(尾道北高等学校2年生)が、全国大会出場を前に尾道市役所を訪問し、平谷祐宏市長と佐藤昌弘教育長に出場の報告をしました。

福島さんは、6月18日(日)に中国新聞ビル(広島市)で行われた「第41回全国高等学校囲碁選手権大会広島県大会」で、3戦全勝で2年連続優勝し、7月25日(火)、26日(水)に東京・日本棋院で行われる全国大会に、広島県代表として出場します。

また、4月30日(日)に広島学院高等学校で行われた「第41回全国高等学校総合文化祭(みやぎ総文2017)囲碁部門選手選考会」で優勝し、7月31日(月)、8月1日(火)に白石市文化体育活動センターで行われる全国大会に、広島県代表として出場します。

平谷市長は、「前回の成績を上回るように頑張って。優勝の懸垂幕を準備しておきます。」と激励した。

福島さんは、「全国選手権大会は、まずリーグ戦を突破して、ベスト16以上を目指したい。」、「総合文化祭は、昨年3位だったので、2位以上を目指したい。」と大会への決意を述べられました。

(左から)佐藤教育長、平谷市長、福島さん

第19回尾道囲碁協会定期囲碁大会の開催報告

6月25日(日)、尾道市総合福祉センターで、「第19回尾道囲碁協会定期囲碁大会」を開催しました。

子ども2名を含む115名が参加し、棋力に合わせ8グループに分かれて対戦しました。

表彰者一覧(各グループ1・2位の方)

Aグループ(15名)

  1. 清水 司朗(電友会 尾道囲碁同好会)
  2. 益原 義治(福祉センター囲碁クラブ)

Bグループ(16名)

  1. 原山 義照(久山田公民館囲碁教室)
  2. 岡田 信行(ひだまり向島)

Cグループ(16名)

  1. 谷辺 和人(東部公民館囲碁サークル)
  2. 三次 義人(福祉センター囲碁クラブ)

Dグループ(15名)

  1. 砂田 計三(ココロ三世代交流囲碁教室)
  2. 細川富士夫(ココロ三世代交流囲碁教室)

Eグループ(16名)

  1. 吉原 秀男(愛ランド囲碁クラブ)
  2. 佐藤扶士夫(ココロ三世代交流囲碁教室)

Fグループ(16名)

  1. 山口 秀司(迎賓館三世代交流囲碁教室)
  2. 名賀  昇(迎賓館三世代交流囲碁教室)

Gグループ(16名)

  1. 松井 勇二(迎賓館三世代交流囲碁教室)
  2. 真殿 格正(迎賓館三世代交流囲碁教室)

Hグループ(5名)

  1. 中村 順一(迎賓館三世代交流囲碁教室)
  2. 黒飛 佳子(レディース桜花)

第38回文部科学大臣杯少年少女囲碁大会広島県予選尾道大会の開催報告

6月18日(日)、尾道市市民会館で、第38回文部科学大臣杯少年少女囲碁大会の広島県予選尾道大会を開催しました。

少年少女囲碁大会の級位者向けの大会で、参加者14名が対戦しました。

山本賢太郎五段(日本棋院)の指導碁や囲碁教室、詰碁なども実施しました。

大会の成績は次のとおりです。

【Aクラス】19路

優勝 檀上 蒼也 1級 (東朋中学校2年)
準優勝 岡野聡一郎 9級 (因北小学校3年)

【Bクラス】13路

優勝 平井 優俊 13級 (因北小学校6年)
準優勝 大崎 歩果 19級 (千田小学校)

【主催】
日本棋院広島県本部、尾道市囲碁のまちづくり推進協議会、中国新聞社

【後援】
文部科学省、文化庁、尾道市教育委員会、日本棋院

碁会所「囲碁倶楽部新浜」がオープンしました。

2017年5月27日、尾道市に2軒目となる碁会所『囲碁倶楽部新浜』が新浜町にオープン、こけら落としとして関西棋院尾道支部の支部大会が開催されました。

尾道市が囲碁を「市技」に定め、囲碁によるまちづくりに取り組んでいる中、身近で気軽に囲碁を楽しめる場所です。ぜひご利用ください。

囲碁倶楽部 新浜
〒722-0014
広島県尾道市新浜1丁目6-31槇ビル2階
TEL 0848-24-0015

営業時間 13時~19時
席料(1日)男性500円、女性400円、子供300円

周辺地図

 

碁会所外観