第70回本因坊秀策囲碁まつり「第6回女流秀策杯」のご案内(3月18・19日開催)

女性向けの第70回本因坊秀策囲碁まつり「第6回女流秀策杯」を2017年3月18日(土)・19日(日)、市民センターむかいしまを中心に開催します。クラス別競技大会・指導碁など。(※指導碁、前夜祭は男性も参加できます。)

「女流秀策杯」はプロ棋士8人、アマ8人のトーナメント戦で優勝賞金は50万円、準優勝20万円です。大会審判長と大盤解説は、山本賢太郎五段(日本棋院)です。

詳細はコチラからご覧ください。


↓↓↓囲碁まつり参加者向けの尾道めぐりツアーも企画しています↓↓↓

2016ひろしま総文囲碁部門女子個人戦 福島あきらさんが3位に

8月2日(火)、3日(水)に尾道市で開催された「第40回全国高等学校総合文化祭(2016ひろしま総文)囲碁部門」女子個人戦において、広島県代表の福島あきらさん(尾道北高等学校1年)が、5勝1敗の成績で3位になりました。

福島あきらさん

第36回文部科学大臣杯全国少年少女囲碁大会に出場する福島あきらさん(栗原中学校3年生)が尾道市長を表敬訪問

福島あきらさん

7月27日(月)、第36回文部科学大臣杯全国少年少女囲碁大会に出場する福島あきらさん(栗原中学校3年生)が全国大会出場を前に尾道市役所を訪問し、平谷祐宏市長と佐藤昌弘教育長に出場の報告をしました。

福島さんは、6月21日(日)に広島市で行われた広島県予選中学生の部で、3年連続の優勝を果たし、小学生の部に出場した3年前から4年連続で全国大会に出場します。

大会は8月4日(火)、5日(水)に東京・日本棋院で行われ、中学生の部には102名が出場予定。中学校最後になる福島さんに、平谷市長は、「場の雰囲気も分かると思うので、東京で思う存分やってきて下さい。」と激励。また、大福亘洽さん(尾道囲碁協会副会長)からチャンスはあるという話もあり、福島さんは、決意を新たにしていました。


平谷市長、福島さん、大福さん、佐藤教育長
(左から)平谷市長、福島さん、大福さん、佐藤教育長

棋聖戦第3局 井山棋聖が勝利 3連勝で防衛まであと1勝に

第39期棋聖戦第3局は2月5日(木)・6日(金)、尾道市のベラビスタ境ガ浜で打たれ、井山裕太棋聖が山下敬吾名人に278手までで黒番1目半勝ちし、対戦成績を3勝としました。

image001

対局に先立ち4日(水)には、井山棋聖と山下挑戦者を激励する前夜祭が開催され、65人が参加しました。

image003

前夜祭では地元を代表して平谷市長があいさつ

image001

ミス尾道から花束を受け取り笑顔の両対局者

image003

現在、関西棋院の院生としてプロを目指している中学2年生の施毅龍君から記念品を受け取る井山棋聖

本因坊秀策囲碁記念館 入館者3万人達成!

1月15日(木)に本因坊秀策囲碁記念館の入館者数が、3万人を突破しました。(平成20年9月の開館から6年5か月での達成)

記念すべき3万人目の入館者は、三原市の岡野彰さんでした。岡野さんは「見学に訪れたのは、この日が2回目です。」と驚いた様子。岡野さんには尾道市から認定証と記念品(本因坊秀策囲碁記念館オリジナル扇子)が贈られました。

image001

image003

第39期棋聖戦第3局のご案内

2月5・6日に、ベラビスタ境ガ浜(尾道市浦崎町)で第39期棋聖戦第3局が行われます。棋聖・井山裕太(日本棋院)と挑戦者山下啓吾(日本棋院)の戦いです。

4日には前夜祭、7日には本因坊秀策囲碁記念館(尾道市因島)にて棋士・ファン交流イベントも行なわれます。

詳細はコチラをご覧ください。

392